歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療
▲歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

歯の近くの歯ぐきの部分(顎の骨)に小さなインプラントスクリューを埋め込み、それを固定源として歯を動かす方法です。

たとえば前の歯と後ろの歯をワイヤーでつないで力をかけると多かれ少なかれ2本とも近寄るように動いてしまいます。そのデメリットを解消するために1本の歯だけを動かしたい場合に行う矯正方法です。

通常の矯正歯科治療と併用して行います。小さなピンのため、歯ぐきやアゴの骨への負担も最小限でお薬を塗る程度ですぐに回復し傷跡も残りません。

固定源がしっかりしており、小児から成人まで年齢関係なく導入できます。
また子どもの矯正の場合、ヘッドギアをかぶらなくてよくなるケースがあります。