治療の流れ治療の流れ

当院の矯正歯科治療の流れをご説明いたします。

初診相談(無料)

カウンセリングルーム

歯並びや治療に関して、お悩みやご希望をお聞きします。
ご自身やお子様の歯並びの状態、費用や治療期間など、ご不明な点を何なりとご相談ください。学会認定医の立場から回答させていただきます。
実際にお口の中を簡単に拝見させていただき、治療の必要があるか、適切な時期はいつ頃か、使用する矯正装置の予測、費用や治療期間など、概略をご説明いたします。
“相談したから、治療しなければいけない”ことは、決してありません。その日は初診相談だけで終え、その後ご家族で検討していただいて構いません。
ただし、初診相談時にお話しできることは、あくまでも経験上と予測に基づくお話や、一般的な概略がメインです。調べてみないと分からない点は、多々あります。
納得していだけましたら、次のステップである「精密検査・診断」へと進ませていただきます。。

精密検査・診断

セファロレントゲン

次のステップとして、実際の治療計画を立案するために、レントゲンや写真、歯型取りなどの「精密検査」をさせていただきます。精密検査の結果をもとに、個々の患者さんに対する治療計画や、使用する矯正装置などの作戦を立てます。
その後、費用や治療期間なども合わせ、「診断」として最終的なご説明をいたします。少しでも疑問点がございましたら、なんでも質問してください。精密検査と診断と経て、私どもの治療計画に納得・了承していただけましたら、いよいよ矯正治療のスタートとなります。

※もちろん、この段階で治療を受けないという最終判断をしていただいても、構いません。。

治療開始

矯正装置

当院では、目立たない装置や裏側矯正も取りそろえております。
また歯科衛生士によるクリーニングやブラッシング指導も行います。
その後、歯に矯正装置をつけ、歯の移動のための力を加え始めます。

通院

桜と女性

矯正治療のための通院となります。
鎌倉のロケーションをお楽しみいただければと思います。

治療終了

リテーナー

矯正装置を外します。但し、外したままにすると後戻りという現象を起こすため、リテーナー(取り外し可能な保定装置)を装着していただきます。

※リテーナー(保定装置)は症例にもよりますが、1~2年矯正医(主治医)の指示に従って使用していただきます。使用しないと後戻り(歯並びが悪い状態に戻ること)を起こし、再度矯正をする必要が出てきます。
⇒目立たないリテーナーについてはこちら

メンテナンス

歯並びのチェック

保定装置の使用を確認後、当院のメインテナンスを定期的に受診していただき、保定装置を終了する時期まで、経過を観察していきます。