» 矯正コラム

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

無料相談受付 カード・分割0467-23-0080
(業者の方はこちらへ⇒ 080-2044-0888
10:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日:不定休
無料カウンセリング 診療予約 お問い合わせ

矯正コラム

矯正コラム

2015/05/13

部活動と矯正治療 ―スポーツ、吹奏楽、できますか?―

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

タウンニュース鎌倉版5/15、逗子葉山版5/15に掲載するコラムです。
この春、中学校、高校へ進学され、クラブ活動を始められた方も多いと思います。
今回は矯正治療と部活動について書いてみました。

当院の患者さんは、テニスや水泳、サッカー、野球などのスポーツはもちろん、吹奏楽、合唱など、様々な部活動をされています。
私自身も中学・高校のバスケ部での経験は、今でも良い思い出と、人生の糧となっています。
一度しかない青春時代、思いっきり部活動をやってください。

同時に、中学、高校での3年間は、矯正治療に非常に適した時期です。
部活動を思いっきり楽しみながらでも、矯正治療はほとんどの場合で可能です。
「運動をしている方は、歯の動きも早い」、とも言われています。

学校生活に慣れたら、今から矯正治療をスタートすれば、
高校生・大学生になるときには、美しい歯並びと素敵な笑顔を手にしているでしょう!

201505

2015/04/21

矯正治療の目的は?

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

院長の今村です。

今年は段葛が工事中のため満開の桜が見れず少し残念でしたが、鎌倉は毎日大勢の観光客で賑わっています。

特に最近は外国人の方が増えている気がします。

さて、タウンニュースに掲載しているコラムですが、今月から鎌倉版に加え、逗子・葉山版にも掲載されることとなりました。

矯正治療について、「こんなことが聞きたい、知りたい」などリクエストがありましたら、お答えしたいと思います。

よろしくお願いいたします!

キャプチャ

2015/03/17

永久歯の欠損と矯正治療 ー矯正治療が必要ですか?ー

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

タウンニュース鎌倉版 3月27日号に掲載されるコラムです。

 

長年矯正治療に携わってきて、最近の子供の口の中の傾向が変わってきてるな…

と思うことが、いくつかあります。

その一つが、永久歯がもともと無い、先天性欠損しているお子さんの増加です。

 

もともと乳歯は、永久歯が萌出するときに、溶けてなくなる前提の脆い歯です。

その後に生える永久歯が欠損している場合でも、いずれ抜け落ちてしまいます。

そのときにブリッジやインプラントなどの人工物で無くなった歯を補うことも方法の一つですが、

人工的な物はいつか壊れ、やり直す必要があり、少しずつ大げさな物になってしまうでしょう。

できれば、自分の歯だけで長く健康に噛める状態を作ることが、理想的です。

 

矯正治療では、子供のうちから、大人になったときの最終的なゴールを描き、計画的に環境を整えます。

そうすれば、人工物に頼らずとも、自分の歯だけでしっかりと噛み合わせを作れる可能性が広がります。

 

また、歯の数の異常や、形の異常は、遺伝的な要素も強いです。

もし、ご両親に先天性欠損がある場合は、お子様も一度調べてもらった方が良いかもしれません。

お子様の永久歯が欠損していることが判明したら、一度矯正歯科専門医院へご相談ください。

201503

2015/02/25

矯正装置の見た目に抵抗が… ― 金属製ブラケット(矯正装置)は過去のもの? ―

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

タウンニュース鎌倉版 2月20日号に掲載されたコラムです。

私が矯正学を勉強し始めた20年前頃には、まだまだ金属製のブラケットが中心でした。

セラミックやサファイヤ製のブラケットもありましたが、治療中に外れたり、割れたり、歯の動きが良くないものもあったりと、非常に使いにくかった記憶があります。

しかしその後、セラミックブラケットの製造方法や改良とともに、今日では金属ブラケットと比較しても、まったく遜色ないレベルとなりました。

矯正装置がつくことは決して恥ずかしいことではありませんが、日本人の性格や国民性、また金属アレルギーの心配や、装置の見た目が与える心理的影響を考えると、目立ちにくいブラケットの方が日本人にはマッチしているのかもしれません。

当院では、子供の矯正でも大人の矯正でも、金属製のブラケットはもう使用していません。

ワイヤーも白くコーティングしてあるものや、艶の少ない美しいものも取り入れています。

スクリーンショット (9)

2015/01/07

インプラント矯正って何?

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

院長の今村です、明けましておめでとうございます!

今年も皆さまの素敵な笑顔と健康のために、スタッフ全員一丸となりかんばります!

タウンニュース鎌倉版1月9日号に掲載されるコラムです。

インプラントアンカーは、状態によっては非常に有効な手段となり得ます。

治療の方針に様々な選択肢が増えるとともに、最大限の治療効果が期待でき、治療期間の短縮も望めます。

当院では、そのような患者様には積極的に治療計画に取り入れています。

「インプラント」と言うと大掛かりで怖いイメージですが、矯正用のインプラントは麻酔から処置完了まで10分程度で終わる、非常に簡単な処置です。

201501

2014/12/15

相談後、一度検討する時間はありますか?

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

タウンニュース鎌倉版 12月12日号に掲載されました。

「相談に行ったら治療しなくてはいけないのでは?」、

「相談に行ったらすぐに矯正装置を付けられちゃうのかな?」、

と、心配されている方も多いと思いますが、そんなことはありません。

相談後は一度お帰りいただき、家族会議を開いて検討してください。

納得していただいてから、次のステップへ進みます。

そして診断(最終計画)に納得・同意していただけたら、いよいよ治療のスタートです。

そして、矯正治療は長くかかる治療です。

担当医との相性、医院の雰囲気、スタッフの対応など総合的に判断し、自分に合った医院で治療することが大切です。

201412

2014/11/14

指しゃぶり・舌のクセと不正咬合 ーすぐに治療が必要?ー

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

タウンニュース鎌倉版 11月14日号に掲載されるコラムです。

指しゃぶりは、歯並びや噛み合わせに悪影響を与えることがあります。

幼稚園・保育園に入る年齢になっても続いていたら、少しずつやめさせるのが良いと思います。

歯並びの悪化が、また別の悪いクセを誘発することもあります。

 

指しゃぶりをする原因には、心理的な不安や甘えなどが考えられます。

無理に叱りつけるだけでは、ストレスで逆効果です。

回数が減ったら褒めるなどし、少しずつ本人に理解させることが大切です。

 

歯並びに影響が出ていたり、なかなかやめられない場合には矯正治療が必要でしょう。

11

2014/10/14

人に気付かれない矯正治療って可能? ―舌側矯正(リンガルブラケット)―

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

タウンニュース鎌倉版10月17日号に掲載のコラムです。

欧米では矯正装置を付けていることが当たり前、一つのステータスともいえますが、日本人は性格も控えめです。

職業上の規制で矯正治療を付けられない方や、他人の視線が気になって、せっかくの治療のチャンスを逃している方も多いと思います。

そんな方には、舌側矯正(リンガルブラケット)が最適です。

最新のクリッピーLやハーモニーシステムでは、治療期間も表側の矯正装置と比較して遜色ありません。

201410

2014/09/17

治療中、努力することは? 

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

タウンニュース鎌倉版 9/19号に掲載されるコラムです。

矯正治療には、患者さまとご家族の協力がとても大切です。

時には厳しく指導することもありますが、がんばっていただければ必ず美しい歯並びを手に入れられます!

1409

2014/08/05

より良い治療を受けるための指標は?

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

毎日暑い日が続きますが、みなさまどのようにお過ごしでしょうか?

タウンニュース鎌倉版 8/8発行号に掲載されるコラムです。

日本矯正歯科学会の認定医は、矯正治療に関して一定の経験や技術を有することを、第三者に客観的に評価された証明と言えるでしょう。

認定医の歯科医や医院は、日本矯正歯科学会のホームページから検索できます。

医院を選ぶ参考にし、より質の高い矯正治療を受けていただきたいと思います。

スクリーンショット (4)

ページの先頭へ