» 永久歯の欠損と矯正治療 ー矯正治療が必要ですか?ー

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

無料相談受付 カード・分割0467-23-0080
(業者の方はこちらへ⇒ 080-2044-0888
10:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日:不定休
無料カウンセリング 診療予約 お問い合わせ

矯正コラム

矯正コラム

2015/03/17

永久歯の欠損と矯正治療 ー矯正治療が必要ですか?ー

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

タウンニュース鎌倉版 3月27日号に掲載されるコラムです。

 

長年矯正治療に携わってきて、最近の子供の口の中の傾向が変わってきてるな…

と思うことが、いくつかあります。

その一つが、永久歯がもともと無い、先天性欠損しているお子さんの増加です。

 

もともと乳歯は、永久歯が萌出するときに、溶けてなくなる前提の脆い歯です。

その後に生える永久歯が欠損している場合でも、いずれ抜け落ちてしまいます。

そのときにブリッジやインプラントなどの人工物で無くなった歯を補うことも方法の一つですが、

人工的な物はいつか壊れ、やり直す必要があり、少しずつ大げさな物になってしまうでしょう。

できれば、自分の歯だけで長く健康に噛める状態を作ることが、理想的です。

 

矯正治療では、子供のうちから、大人になったときの最終的なゴールを描き、計画的に環境を整えます。

そうすれば、人工物に頼らずとも、自分の歯だけでしっかりと噛み合わせを作れる可能性が広がります。

 

また、歯の数の異常や、形の異常は、遺伝的な要素も強いです。

もし、ご両親に先天性欠損がある場合は、お子様も一度調べてもらった方が良いかもしれません。

お子様の永久歯が欠損していることが判明したら、一度矯正歯科専門医院へご相談ください。

201503

地図

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
0467-23-0080
10:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日:不定休
診療予約 無料カウンセリング お問い合わせ

※休診日は不定休です・お問い合わせ下さい

〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-10-8 酒井ビル2F

JR横須賀線・湘南新宿ライン・江ノ島電鉄
「鎌倉駅」東口 徒歩7分

ページの先頭へ