鎌倉市にある矯正歯科医院: » 矯正装置はどうやって歯についてるの? 歯を削って埋め込むの?

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

無料相談受付 カード・分割0467-23-0080
(業者の方はこちらへ⇒ 080-2044-0888
10:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日:不定休
無料カウンセリング 診療予約 お問い合わせ

矯正コラム

矯正コラム

2016/07/14

矯正装置はどうやって歯についてるの? 歯を削って埋め込むの?

Filed under: 矯正コラム — 888kamakura

院長の今村です。
暑いですね…(汗)
今朝は、ケルヒャー(高圧洗浄機)でクリニックの外壁を洗いました。
あまりの暑さに自分も洗いたい…と思いましたが、きっと死ぬほど痛いのでやめました(笑)

さて、今度の『鎌倉PRESS逗子7月17日号』に掲載される予定のコラムです。
初診相談に訪れる患者様から、「矯正装置はどうやって歯についているのですか?」と、よく質問されます。
虫歯の詰め物のように、歯を削って矯正装置を埋め込むと思っている方が、意外にいらっしゃるようです。

20160714

矯正装置(ブラケット)は簡単に言えば、歯を削ったりせずに『接着材』で歯に付けています。
実際の手順は、以下のような感じです。



まず、口を広げる器具を装着して、視野を確保します。そして、歯の表面に付いている汚れや着色を、専用の歯磨剤を使って綺麗に掃除します。

動画の中で患者さんが噛んでるロール状の綿は、唾液に濡れると接着性が低下するので、それを防いでいるのですね。
そして、接着材で矯正装置(ブラケット)を歯に設置し、最後の青い光で接着材を重合(硬化)させ完了です。ここまでの全ての過程で、痛みはまったくありません。

このように、矯正装置を付けるために、歯を削ったり、傷めてしまうことはありません。
しかしその反面、矯正装置は役割が終われば外す必要があるため、歯に優しくつける必要があるのです。

そのため、硬いモノを噛んだり強い衝撃を受けると、外れてしまうことがあります。
もし、外れていることに気付いたら、早めにクリニックへご連絡下さい。付け直します。

あ、大事なことを…
この動画では金属性の目立つブラケットを使用していますが、当クリニックでは金属製のブラケットは、奥歯以外には一切使用しません。
大人でも子供でも、透明や半透明の目立たないブラケットを標準使用しております。
http://www.888kamakura.com/ortho/

大人の矯正では、他人から見えない舌側矯正(裏側矯正)や目立ちにくいマウスピース矯正(インビザライン)も取り扱っております。
http://www.888kamakura.com/ortho/lingual.html
http://www.888kamakura.com/ortho/align.html

地図

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
0467-23-0080
10:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日:不定休
診療予約 無料カウンセリング お問い合わせ

※休診日は不定休です・お問い合わせ下さい

〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-10-8 酒井ビル2F

JR横須賀線・湘南新宿ライン・江ノ島電鉄
「鎌倉駅」東口 徒歩7分

ページの先頭へ